印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



沖縄、恩納村、瀬良垣のある小さなとしたダイビングショップ
少人数でツァーや講習など 体験ダイビングは午前一組、午後一組開催

HOME > seaslug sa

<恩納・瀬良垣での生息環境>
<観察水深>
<観察時期>
<観察ポイント>
<私的雑観>

●恩納村水域全般を対象とするが、特に瀬良垣水域をメインとして潜水している。
●2015年11月から更に調査品目を加え、旧暦などの要素も加える。
●私的雑感を更に増やす。
●和名→〇種〇は前述図鑑より抜粋
●和名→〇(数字)は当著者の区分け。幼態たCVなどの私的雑感による。閲覧者が確認し易い。

さ段-7個体

sagamiryugu-umiushi.jpg

●サガミリュウグウウミウシ
●サキシマミノウミウシ1
●サキシマミノウミウシ2
●サラサウミウシ1
●サラサウミウシ2
●サラサウミウシ3
●サラサウミウシ4

し段-18個体

shinobiiro-umiushi.jpg

●シノビイロウミウシ
●シフォプテロン・キトリヌス
●シモフリカメサンウミウシ
●シャクトリミドリガイ
●ジャノメアメフラシ
●ジュッテンイロウミウシ
●シライトウミウシ1
●シライトウミウシ2
●シライトウミウシ3
●シラナミイロウミウシ
●シロアミミドリガイ
●シロウサギウミウシ
●シロウネイボウミウシ
●シロタエイロウミウシ
●シロタスキウミウシ
●シロハナガサウミウシ
●シンデレラウミウシ1
●シンデレラウミウシ2

す段-3個体

sweet-jery-midorigai.jpg

●スイートジェリーミドリガイ
●スミゾメキヌハダウミウシ
●スミゾメミノウミウシ

せ段-7個体

sesuji-mino-umiushi.jpg

●セスジミノウミウシ
●セトイロウミウシ
●ゼニガタフシエラガイ
●センジュミノウミウシ
●センテンイロウミウシ1
●センテンイロウミウシ2
●センテンイロウミウシ3

そ段-2個体

zougeiro-umiushi.jpg

●ゾウゲイロウミウシ
●ソライロイボウミウシ

恩納/瀬良垣で同定したウミウシ・さ行

サガミリュウグウウミウシ

sagamiryugu-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、大深度下
<観察水深>
-20m~-45m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
アポガマ・恋人岬・瀬良垣アウトリーフ・バックドロップオフなど
<私的雑観>
大深度下で、”ドスン”という感じでいます。動きは”ヌォ~”な感じ。強烈な色柄で、少し危なそうな感じ。

サキシマミノウミウシ1

sakishimamino-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-2m~-15m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
恩納・瀬良垣にいる個体は体表面にある白色細点が多いものが観察される。浅所の方に圧倒的に生息。

サキシマミノウミウシ2

sakishimamino-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-2m~-15m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
恩納・瀬良垣にいる個体は体表面にある白色細点が多いものが観察される。浅所の方に圧倒的に生息。

サラサウミウシ1

sarasa-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-8m~-25m
<観察時期>
1月~9月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全般
<私的雑観>
色彩変異が多い種。恩納・瀬良垣ではほぼ全ての色彩変異体を観察できる。

サラサウミウシ2

sarasa-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-8m~-25m
<観察時期>
1月~9月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全般
<私的雑観>
色彩変異が多い種。こちらの写真は体長約6mm。恩納・瀬良垣ではほぼ全ての色彩変異体を観察できる。

サラサウミウシ3

sarasa-umiushi3.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁など
<観察水深>
-8m~-25m
<観察時期>
1月~9月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全般
<私的雑観>
色彩変異が多い種。恩納・瀬良垣ではほぼ全ての色彩変異体を観察できる。

サラサウミウシ4

sarasa-umiushi4.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-8m~-25m
<観察時期>
1月~9月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全般
<私的雑観>
色彩変異が多い種。恩納・瀬良垣ではほぼ全ての色彩変異体を観察できる。

シノビイロウミウシ

shinobiiro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、浅所
<観察水深>
-2m~-8m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
1シーズン中で見れるか見れないか程の稀種。縁の橙色の線が美しく、とてもキレイなウミウシ。

シフォプテロン・キトリヌス

shifoputeron-kitorinusu.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、岩盤上、砂上
<観察水深>
-2m~-8m
<観察時期>
2月~6月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
極めて稀な種。他のウミコチョウ類を撮影していた時に発見。以降稀に観察。水中での同定は極めて困難

シモフリカメサンウミウシ

shimofurikamesan-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
12月~6月
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
浅所にて多く観察できる。真上から撮影するのがお約束のウミウシ?

シャクトリミドリガイ

shakutorimidorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
サンゴ礁域など
<観察水深>
-8m~-15m
<観察時期>
11月~8月
<観察ポイント>
ミニドリ・顔面ホール・恋人岬・ナカユクイ・クロスラインなど
<私的雑観>
多くの場合砂上を移動している場面を観察。寒くても暖かくても観察してきた感じ。

ジャノメアメフラシ

janome-amefurashi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
礁原
<観察水深>
0m~-5m
<観察時期>
2月~6月
<観察ポイント>
ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
大きい個体に出会うとぎょっとする。何だかいけないものを見てしまった感があるが、本人はいたって暢気そう。

ジュッテンイロウミウシ

jutteniro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
1月~5月
<観察ポイント>
ミニドリ・恋人岬・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
白線横ににある赤色点がとて美しい。瀬良垣ではやや稀に観察できる。

シライトウミウシ1

shiraito-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、ガレ場など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
恩納・瀬良垣ではペイル・フォームの個体がとても多く観察される。

シライトウミウシ2

shiraito-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、ガレ場など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
恩納・瀬良垣ではペイル・フォームの個体がとても多く観察される。

シライトウミウシ3

shiraito-umiushi3.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、ガレ場など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
恩納・瀬良垣ではペイル・フォームの個体がとても多く観察される。

シラナミイロウミウシ

shiranamiiro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
個体数はそんなに多くは無い。写真の個体は若い。

シロアミミドリガイ

shiroami-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
サンゴ礁、砂地など
<観察水深>
-2m~-10m
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
ナカユクイ・クロスラインなど
<私的雑観>
コノハミドリガイよりは個体数が少ないものの普通に観察可能。

シロウサギウミウシ

shirousagi-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-4m~-15m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域の岩礁域
<私的雑観>
浅所に多く、特に水路の壁面には確実についている。恩納・瀬良垣では普通種。

シロウネイボウミウシ

shiroune-ibo-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ミニドリ・恋人岬など
<私的雑観>
個体数はそんなに多くはない。壁面などに。

シロタエイロウミウシ

shirotaeiro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-10m~-25m
<観察時期>
1月~9月
<観察ポイント>
コーラル・ドリホ・顔面ホールなど
<私的雑観>
リーフエッジなどの岩、割れ目などで多く見かける。成体は40mm程となり、かなり疲れた感じを醸し出す。

シロタスキウミウシ

shirotasuki-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
ミニドリ・恋人岬・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
浅所で多く観察される。写真の個体よりも更に赤色に近い個体もいる。岩上などを移動。

シロハナガサウミウシ

shirohanagasa-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-2m~-8m
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリなど
<私的雑観>
瀬浅所にて観察。恩納・瀬良垣にて大きな個体はあまりいない。

シンデレラウミウシ1

shinderera1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-30m
<観察時期>
12月~8月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
リーフエッジから壁面、洞穴入り口、ガレ場など、色々な場所で観察可能。

シンデレラウミウシ2

shinderera2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-30m
<観察時期>
12月~8月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
リーフエッジから壁面、洞穴入り口、ガレ場など、色々な場所で観察可能。

スイートジェリーミドリガイ

sweet-jery-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
礁原、ガレ場など
<観察水深>
-2m~-5m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ダイヤモンドビーチ
<私的雑観>
個体数は多くないものの、丁寧に探せば観察可能。5~8mm程度のものが多い。

スミゾメキヌハダウミウシ

sumizome-kinuhada-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
砂地
<観察水深>
-8m~-15m
<観察時期>
2月~6月
<観察ポイント>
トシポイント・ナカユクイ・クロスラインなど
<私的雑観>
ダテハゼ生息域では大体観察可能。

スミゾメミノウミウシ

sumizome-mino-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
ヤギモドキウミヒドラに着生している。観察は容易。卵塊はピンクのバネ様。

セスジミノウミウシ

sesuji-mino-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ナカユクイ
<私的雑観>
藻類の繁茂が芳しい浅所を好むようだ。瀬良垣では写真の色彩が殆ど。

セトイロウミウシ

setoiro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域、ガレ場
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
2月~7月
<観察ポイント>
瀬良垣タッチュー・ナカユクイ・クロスラインなど
<私的雑観>
瀬良垣ではやや稀。

ゼニガタフシエラガイ

zenigata-fushieragai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
サンゴ礁域、砂地など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
1月~10月
<観察ポイント>
ナカユクイ・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
日中は砂中に隠れている場合が多い。日のある時間帯で稀にキハッソクやカタカシなどにつつかれてボロボロになっているのを見かける。

センジュミノウミウシ

senju-mino-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、浅所など
<観察水深>
-5m~-10m
<観察時期>
4月~9月
<観察ポイント>
ミニドリ・恋人岬・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
浅所でのみ観察。恩納・瀬良垣ではここ数年大量発生。ベルベットを食す。

センテンイロウミウシ1

senteniro-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
色彩の変化が多く見られる。

センテンイロウミウシ2

senteniro-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
色彩の変化が多く見られる。こちらの個体が多い。

センテンイロウミウシ3

senteniro-umiushi3.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
色彩の変化が多く見られる。

ゾウゲイロウミウシ

zougeiro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-2m~-25m
<観察時期>
1月~8月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
潮が通る水路や壁面に多い。普通に観察可能。因みに私の一番好きなウミウシであり、写真はライフワークである。

ソライロイボウミウシ

sorairo-ibo-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
ウォール壁面に多い。多く観察できる。