印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



沖縄、恩納村、瀬良垣のある小さなとしたダイビングショップ
少人数でツァーや講習など 体験ダイビングは午前一組、午後一組開催

HOME > seaslug ra

<恩納・瀬良垣での生息環境>
<観察水深>
<観察時期>
<観察ポイント>
<私的雑観>

●恩納村水域全般を対象とするが、特に瀬良垣水域をメインとして潜水している。
●2015年11月から更に調査品目を加え、旧暦などの要素も加える。
●私的雑感を更に増やす。
●和名→〇種〇は前述図鑑より抜粋
●和名→〇(数字)は当著者の区分け。幼態たCVなどの私的雑感による。閲覧者が確認し易い。

ら段-1個体

rabenda-umiushi.jpg

●ラベンダーウミウシ

り段-3個体

ryukyu-kasumi-mino-umiushi.jpg

●リュウキュウカスミミノウミウシ
●リュウグウウミウシ
●リュウモンイロウミウシ

る段-1個体

ruju-mino-umiushi.jpg

●ルージュミノウミウシ

れ段-2個体

remon-umiushi.jpg

●レモンウミウシ
●レンゲウミウシ

ろ段-0個体

bdo-png-010.png

恩納/瀬良垣で同定したウミウシ・ら行

ラベンダーウミウシ

rabenda-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
2月~6月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
岩盤上から壁面などで観察。砂地などでも観察記録がある。毎年必ず観察している種。

リュウキュウカスミミノウミウシ

ryukyu-kasumi-mino-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、ガレ場
<観察水深>
-30m
<観察時期>
7月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
2008年7月12日の観察のみ。大深度下のガレ場、砂上を移動。これ以降は観察していない。

リュウグウウミウシ

ryugu-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、浅所
<観察水深>
-2m~-10m
<観察時期>
2月~6月
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
小型のウミウシ。イシガキリュウグウではないか?と、常にあせってしまう

リュウモンイロウミウシ

ryumon-iro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-10m~-25m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ・顔面ホールなど
<私的雑観>
岩と岩の間などで観察例が多い。個体数はそんなに多くは無い。

ルージュミノウミウシ

ruju-mino-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-10m~-30m
<観察時期>
12月~7月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ・バックドロップオフ・瀬良垣タッチュー・カサムトゥなど
<私的雑観>
壁面で多く観察される。良い写真を撮った事が無いのが悔しい。瀬良垣の個体は突起を若干巻いているものが多い。

レモンウミウシ

remon-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
1月~8月
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
浅所の方に多く分布。

レンゲウミウシ

renge-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-15m~-30m
<観察時期>
4月~10月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ・カサムトゥ
<私的雑観>
全てウォール壁面から得られている。-20~-25mラインが殆ど。9月と10月が一番多く観察例がある。