印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



沖縄、恩納村、瀬良垣のある小さなとしたダイビングショップ
少人数でツァーや講習など 体験ダイビングは午前一組、午後一組開催

HOME > seaslug ma

<恩納・瀬良垣での生息環境>
<観察水深>
<観察時期>
<観察ポイント>
<私的雑観>

●恩納村水域全般を対象とするが、特に瀬良垣水域をメインとして潜水している。
●2015年11月から更に調査品目を加え、旧暦などの要素も加える。
●私的雑感を更に増やす。
●和名→〇種〇は前述図鑑より抜粋
●和名→〇(数字)は当著者の区分け。幼態たCVなどの私的雑感による。閲覧者が確認し易い。

ま段-2個体

madarairo-umiushi1.jpg

●マダライロウミウシ1
●マダライロウミウシ2

み段-10個体

miamira-umiushi.jpg

●ミアミラウミウシ
●ミカドウミウシ
●ミゾレウミウシ
●ミチヨミノウミウシ1
●ミチヨミノウミウシ2
●ミツイラメリウミウシ
●ミドリリュウグウウミウシ
●ミヤコウミウシ
●ミルクオトメウミウシ1
●ミルクオトメウミウシ2

む段-4個体

mukademino-umiushi1.jpg

●ムカデミノウミウシ1
●ムカデミノウミウシ2
●ムラサキウミコチョウ1
●ムラサキウミコチョウ2

め段-2個体

mekisi-kuromisu-marii.jpg

●メキシクロミス・マリーイ
●メレンゲウミウシ

も段-4個体

mozaiku-umiushi.jpg

●モザイクウミウシ
●モンコウミウシ
●モンジャウミウシ1
●モンジャウミウシ2

恩納/瀬良垣で同定したウミウシ・ま行

マダライロウミウシ1

madarairo-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域など
<観察水深>
-8m~-15m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ホーシュークリフ・コーラル・瀬良垣アウトリーフ・ナカユクイなど
<私的雑観>
岩穴近辺のシルトなどで観察。瀬良垣ではあまり個体数が多いとは言えない。

マダライロウミウシ2

madarairo-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域など
<観察水深>
-8m~-15m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ホーシュークリフ・コーラル・瀬良垣アウトリーフ・ナカユクイなど
<私的雑観>
岩穴近辺のシルトなどで観察。瀬良垣ではあまり個体数が多いとは言えない。写真の個体は幼態と思われる。

ミアミラウミウシ

miamira-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-10m~-20m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ
<私的雑観>
瀬良垣ではあまり観察報告が無い。暗がり、岩上などで観察される。

ミカドウミウシ

mikado-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリなど
<私的雑観>
恩納・瀬良垣では成体よりも若い個体のほうが多く観察される。写真は幼態。

ミゾレウミウシ

mizore-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-10m~-40m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
色鮮やかであり、動きがとてもテクニカル。特にガレ場などにいる個体は様々なものに乗っかっていく。アングルを楽しめるウミウシの一つである。

ミチヨミノウミウシ1

michiyo-mino-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
1月~5月
<観察ポイント>
顔面ホール・ナカユクイ
<私的雑観>
浅所の方が圧倒的に数多い。岩礁域では若い個体。

ミチヨミノウミウシ2

michiyo-mino-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
1月~5月
<観察ポイント>
顔面ホール・ナカユクイ
<私的雑観>
浅所の方が圧倒的に数多い。岩礁域では若い個体。写真は幼態。

ミツイラメリウミウシ

mitsuirameri-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域
<観察水深>
-15m
<観察時期>
5月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
2011年5月19日のみの観察。とてもレア。沖縄全域での観察例はあるのだろうか?まぁ誰か見ていると思われるが。

ミドリリュウグウウミウシ

midoriryugu-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-30m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ミニドリ・瀬良垣アウトリーフ・クロスラインなど
<私的雑観>
瀬良垣では深場での観察が多い。ライトで照らさないと体表に緑色が確認できない。

ミヤコウミウシ

miyako-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域浅所、及び礁原など
<観察水深>
-2m~-10m
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ・ダイヤモンドビーチ
<私的雑観>
過去2度確認。岩上を移動していた体色及び体表は擬態効果抜群。

ミルクオトメウミウシ1

mirukuotome-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ・顔面ホール・クロスラインなど
<私的雑観>
体色は様々であるが、一見するとそれと分かるウミウシ。浅所に多い。

ミルクオトメウミウシ2

mirukuotome-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ・顔面ホール・クロスラインなど
<私的雑観>
体色は様々であるが、一見するとそれと分かるウミウシ。浅所に多い。コチラの写真の個体が多く観察できる。

ムカデミノウミウシ1

mukademino-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁、礁原など
<観察水深>
-1m~-10m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ・ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
背面突起の色は様々。浅所に多い。共通点は体上部にある正中線。又、突起が、色はついているものの、透明感がある。恩納・瀬良垣ではいつでも観察可能。

ムカデミノウミウシ2

mukademino-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁、礁原など
<観察水深>
-1m~-10m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ・ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
背面突起の色は様々。浅所に多い。共通点は体上部にある正中線。又、突起が、色はついているものの、透明感がある。恩納・瀬良垣ではいつでも観察可能。

ムラサキウミコチョウ1

murasaki-umikochou1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-2m~-20m
<観察時期>
12月~6月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
深場にいる個体は紫色、黄色、白色がはっきりと鮮やか。

ムラサキウミコチョウ2

murasaki-umikochou2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-2m~-20m
<観察時期>
12月~6月
<観察ポイント>
岩礁域ほぼ全域
<私的雑観>
深場にいる個体は紫色、黄色、白色がはっきりと鮮やか。コチラの写真のように色素が極端に薄い個体も観察できる。幼態。

メキシクロミス・マリーイ

mekisi-kuromisu-marii.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
1月~9月
<観察ポイント>
ドリホ・ミニドリ・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
リーフエッジ沿いの溝、壁面などで観察される。シーズン中2~3度くらいの頻度で観察。

メレンゲウミウシ

merenge-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-8m~-20m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
潮がまともに当らないウォール壁面、溝などで観察。とにかく大型。

モザイクウミウシ

mozaiku-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-8m~-20m
<観察時期>
12月~7月
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
あまり大きくはならない。背面の色柄が美しく、触角も活発に動かす。生息域は大きく、あまりこだわりは無い様である。

モンコウミウシ

monko-umoushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
3月~7月
<観察ポイント>
恩納ポイント・オーバーヘッドロック・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
恩納・瀬良垣の個体は、外套膜表面の斑紋が大きく、数多い。動きは緩やかであり、左右に揺する。

モンジャウミウシ1

monja-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域、砂地、砂泥など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
色々な場面で観察できるウミウシ。成体は外套膜縁がかなり波打つ。若い個体は滑らか。

モンジャウミウシ2

monja-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域、砂地、砂泥など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
色々な場面で観察できるウミウシ。成体は外套膜縁がかなり波打つ。若い個体は滑らか。写真は若い個体。