印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



沖縄、恩納村、瀬良垣のある小さなとしたダイビングショップ
少人数でツァーや講習など 体験ダイビングは午前一組、午後一組開催

HOME > seaslug ka

<恩納・瀬良垣での生息環境>
<観察水深>
<観察時期>
<観察ポイント>
<私的雑観>

●恩納村水域全般を対象とするが、特に瀬良垣水域をメインとして潜水している。
●2015年11月から更に調査品目を加え、旧暦などの要素も加える。
●私的雑感を更に増やす。
●和名→〇種〇は前述図鑑より抜粋
●和名→〇(数字)は当著者の区分け。幼態たCVなどの私的雑感による。閲覧者が確認し易い。

か段-3個体

kaimen-umiushi.jpg

●カイメンウミウシ
●カラスキセワタ
●カンムリハラックサウミウシ

き段17個体

kiippon-umiushi.jpg

●キイッポンウミウシ
●キイボキヌハダウミウシ
●キイロイボウミウシ
●キイロウミウシ
●キイロウミコチョウ
●キカモヨウウミウシ
●キシマオトメウミウシ1
●キシマオトメウミウシ2
●キスジカンテンウミウシ1
●キスジカンテンウミウシ2
●キヌハダウミウシ1-1
●キヌハダウミウシ1-3
●キヌハダモドキ1
●キヌハダモドキ2
●キベリアカイロウミウシ
●キホシウロコウミウシ
●キャラメルウミウシ

く段-10個体

kuchinashiiro-umiushi.jpg

●クチナシイロウミウシ
●クロスジリュウグウウミウシ1
●クロスジリュウグウウミウシ2
●クロフチウミコチョウ
●クロヘリアメフラシ1
●クロヘリアメフラシ2
●クロボウズ
●クロモドーリス・ヒントゥアネンシス
●クロモドーリス・プレキオーサ1
●クロモドーリス・プレキオーサ2

け段-1個体

kebukaoo-umiushi.jpg

●ケブカオオウミウシ

こ段-9個体

koibo-umiushi.jpg

●コイボウミウシ
●コールマンウミウシ1
●コールマンウミウシ2
●ゴクラクミドリガイ1-3
●コナユキツバメガイ
●コノハミドリガイ
●コモンウミウシ1-2
●コンシボリガイ
●コンペイトウウミウシ

恩納/瀬良垣で同定したウミウシ・か行

カイメンウミウシ

kaimen-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁浅所
<観察水深>
-3m~-8m
<観察時期>
年観察可能であるが3月~5月頃に頻度は上がる
<観察ポイント>
恋人岬・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
転石を探っている時に出くわす。体表が透明感のある白色の個体もいたが撮影できず。正中線が白色なのが最大の特徴。

カラスキセワタ

karasukisewata.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、シルト、砂地
<観察水深>
-3m~-10m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
ゴジラの割れ目・瀬良垣アウトリーフ・ナカユクイ・クロスラインなど
<私的雑観>
砂中に潜っている場合が多く、なかなか観察できない。リュウグウベラギンポなどを観察している時に結構出くわす。過去最も小さいものは1mm。

カンムリハラックサウミウシ

kanmuriharkkusa-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、溝など
<観察水深>
-5m~-8m
<観察時期>
5月~9月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
とても小型でカワイイちゃんウミウシ。黒色に近い赤茶色。触角はクリーム色。腰を落ち着けて探さないと決して見付らないウミウシ。

キイッポンウミウシ

kiippon-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、壁面、洞穴入り口周辺など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
4月~8月
<観察ポイント>
真栄田岬・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
GW前後に毎年観察。この和名を想起すると、どうしても”酒”を思い出すのは私だけであろうか・・・。

キイボキヌハダウミウシ

kiibokinuhada-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域、溝や割れ目など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
良垣アウトリーフ・トシポイント・ナカユクイなど
<私的雑観>
瀬良垣では黄色個体が観察される。白色、赤色は未だ見ていない。ある程度大きく、横幅も太い。

キイロイボウミウシ

kiiroibo-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、壁面など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ・恋人岬など
<私的雑観>
瀬良垣では結構稀である。イボ系の中では押し出しの強いウミウシ。

キイロウミウシ

kiiro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、崖下など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
4月~8月
<観察ポイント>
ホーシュークリフ・万座毛・コーラル・ミニドリ・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
とても鮮やかなウミウシであるが、体色が白色に近い黄色なので光とびには注意が必要。8月頃の個体は何だか梅干を連想させるくらいシワシワのものに出会える。

キイロウミコチョウ

kiiroumikochou.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域浅所、礁原
<観察水深>
-1m~-5m
<観察時期>
3月~6月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
005年には大発生した。

キカモヨウウミウシ

kikamoyou-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、砂地を問わず多種な場所
<観察水深>
-5m~-40m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
恩納・瀬良垣全般
<私的雑観>
頭部前縁を上下にヒラヒラさせる動きはコミカル。恩納・瀬良垣で観察される個体は暗紫色から黒色部が濃い。

キシマオトメウミウシ1

kishimaotome-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁、岩盤上など
<観察水深>
--5m~-15m
<観察時期>
3月~7月
<観察ポイント>
ミニドリ・クロスラインなど
<私的雑観>
季節になると発見頻度が上がる。コチラの写真は成体。

キシマオトメウミウシ2

kishimaotome-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁、岩盤上など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
3月~7月
<観察ポイント>
ミニドリ・クロスラインなど
<私的雑観>
季節になると発見頻度が上がる。コチラの写真は幼体。意外に多い。

キスジカンテンウミウシ

kisujikanten-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、壁面及び洞穴入り口付近の暗所
<観察水深>
-10m~-25m
<観察時期>
12月~8月
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
暗所を特に好むようである。壁面であっても、割れ目や岩影になるような場所での観察例が多い。コチラの写真は成体。

キスジカンテンウミウシ2

kisujikanten-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、壁面及び洞穴入り口付近の暗所
<観察水深>
-10m~-25m
<観察時期>
12月~8月
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
暗所を特に好むようである。壁面であっても、割れ目や岩影になるような場所での観察例が多い。コチラの写真は幼体。

キヌハダウミウシ 1種-1

kinuhada-umiushi-1-1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
サンゴ礁、砂泥を含む岩上など
<観察水深>
-2m~-10m
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
ナカユクイ浅所
<私的雑観>
水中ライトを当てると更にピンク色が鮮やかに見える。瀬良垣では稀。

キヌハダウミウシ 1種-3

kinuhada-umiushi1-3.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
サンゴ礁、砂地
<観察水深>
-7m~-15m
<観察時期>
9月~11月
<観察ポイント>
ナカユクイ砂上
<私的雑観>
夏、特に夕方近くには普通に観察できる。個体数は多い。

キヌハダモドキ1

kinuhadamodoki1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁、岩盤上など
<観察水深>
-5m~-10m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
安全停止時に見かける事が多い。瀬良垣では6月頃盛んに観察される。

キヌハダモドキ2

kinuhadamodoki2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁、岩盤上など
<観察水深>
-5m~-10m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
安全停止時に見かける事が多い。瀬良垣では6月頃盛んに観察される。

キベリアカイロウミウシ

kiberiakairo-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁などの浅所、壁面
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
3月~6月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
写真は100mm程度であるが、大きいと可愛くない。且つ、色柄も少しボヤケ気味となる。瀬良垣ではたまに見かける。

キホシウロコウミウシ

kihoshiuroko-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域、有節サンゴモ上など
<観察水深>
-5m~-10m
<観察時期>
3月~6月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
一見すると”ゴミ”と間違えてしまい勝ち。よく見ると鮮やかな色彩と黒色小斑点。撮影時にはマクロレンズを所持していなく、35mmで果敢にチャレンジ。よく同定可能な写真となった。ある意味証拠写真。

キャラメルウミウシ

kyarameru-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
ミニドリ・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
ウォール壁面などでの観察例。瀬良垣では稀種。
※撮影者:Yoshiaki Ebara

クチナシイロウミウシ

kuchinashiiro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、浅所
<観察水深>
-5m~-10m。それ以深では観察例は無い。
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
ミニドリ・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
浅所、通路のような場所、壁面がお好みのようである。

クロスジリュウグウウミウシ1

kurosujiryugu-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
瀬良垣ではあまり大きな個体は観察できない。コチラの写真は成体。

クロスジリュウグウウミウシ2

kurosujiryugu-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
瀬良垣ではあまり大きな個体は観察できない。コチラの写真は幼体。

クロフチウミコチョウ

kurofuchiumikochou.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、岩盤上
<観察水深>
-1m~-8m
<観察時期>
3月~6月
<観察ポイント>
瀬良根アウトリーフ
<私的雑観>
個体数は極端に少ない。大体エリアは決まっている。大き目の拡大鏡が必要。

クロヘリアメフラシ1

kuroheriamefurashi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-1m~-10m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ・顔面ホール・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
浅所でじっくりウミウシ探索をしている時んは必ず2~3個体には出会う。体表の色彩変異が多い。写真のようにラッキーもたまにある。

クロヘリアメフラシ2

kuroheriamefurashi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-1m~-10m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ・顔面ホール・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
浅所でじっくりウミウシ探索をしている時んは必ず2~3個体には出会う。体表の色彩変異が多い。

クロボウズ

kurobouzu.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
砂地
<観察水深>
-5m~-12m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ナカユクイ・クロスラインなど
<私的雑観>
キヌハダウミウシの類に捕食されているシーンを頻繁に観察できる。曇り、若しくは小雨降りしきる薄暗い時には辺り一面に出ている。併せてキヌハダの類も多く出現する

クロモドーリス・ヒントゥアネンシス

kuromodoris-hintanensis.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-10m~-25m
<観察時期>
3月~7月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
写真の個体は浅所にある溝下を移動していた。その他の観察例はウォール下、特に水底との際あたりでの観察がある。探すものではなく、”出会う”系ウミウシであろう。

クロモドーリス・プレキオーサ1

kuromodoris-purekiosa1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など、砂泥及び砂地含む
<観察水深>
-5m~-35m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
恋人岬・瀬良垣アウトリーフ・ナカユクイなど
<私的雑観>
この写真は、-30mオーバーのもの。瀬良垣では、大深度下の個体は白く、浅所に生息するものはクリーム色でソバカス状細点がある。又縁一番外側の白帯が少し広い。

クロモドーリス・プレキオーサ2

kuromodoris-purekiosa2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など、砂泥及び砂地含む
<観察水深>
-5m~-35m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
恋人岬・瀬良垣アウトリーフ・ナカユクイなど
<私的雑観>
この写真は、ナカユクイの浅所約-7m。瀬良垣では、大深度下の個体は白く、浅所に生息するものはクリーム色でソバカス状細点がある。又縁一番外側の白帯が少し広い。

ケブカオオウミウシ

kebukaoo-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
礁原、砂地などの転石下及び砂中
<観察水深>
-2m~-30m
<観察時期>
5月~9月
<観察ポイント>
ナカユクイ・ダイヤモンドビーチ
<私的雑観>
夏のナイトダイビングでたまに出会う。その場合はゆったりと砂上を移動。転石をひっくり返して出会った時にはビビッた。

コイボウミウシ

koibo-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-20m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
岩礁域、サンゴ礁域全般
<私的雑観>
たまにピンク色が強烈な個体がいる。普通種ではあるが色彩変異体を探すのも楽しい。

コールマンウミウシ1

koruman-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-1m~-20m
<観察時期>
11月~7月
<観察ポイント>
岩礁域、サンゴ礁域全般
<私的雑観>
コールマンウミウシの出具合によって、そのシーズンの他のウミウシの出具合が大体予想できる。

コールマンウミウシ2

koruman-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-1m~-20m
<観察時期>
11月~7月
<観察ポイント>
岩礁域、サンゴ礁域全般
<私的雑観>
コールマンウミウシの出具合によって、そのシーズンの他のウミウシの出具合が大体予想できる。瀬良垣アウトリーフでは写真の黄色が強い個体が多い。

ゴクラクミドリガイ 1-3

gokurakumidorigai1-3.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
ハゴロモに着生
<観察水深>
-10m
<観察時期>
11月~7月頃
<観察ポイント>
クロスライン
<私的雑観>
体色が濃い緑色で、ハゴロモとほぼ同化している。撮影をするなどの、外部からの刺激によって体色が少し薄くなった。探しているとたまに見かける。

コナユキツバメガイ

konayukitsubamegai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、岩盤上など
<観察水深>
-5m~-10m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
瀬良垣で多く観察されるものは後部突起が黄色味を帯びる。アウトリーフの岩盤上一面コナユキだらけになった時があり、ある意味壮観であった。

コノハミドリガイ

konohamidorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁域、砂泥を含む環境
<観察水深>
-1m~-10m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ミニドリ・ナカユクイ・クロスライン・ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
瀬良垣では通年観察できる。生息場所によって大きく色彩、柄なども変化している。

コモンウミウシ 1種-2

komon-umiushi1-2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、溝や岩盤上など
<観察水深>
-8m~-15m
<観察時期>
5月~8月
<観察ポイント>
真栄田岬・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
外套膜が幅広く、全体的に丸い座布団のようなイメージ。サラサウミウシに似るが縁側の色柄が明らかに異なる。7月、8月にアウトリーフでは多く観察できる。

コンシボリガイ

konshiborigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-2m~-10m
<観察時期>
3月~6月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
岩盤上を移動するのを確認できる。あまり日光を嫌わないようだ。縁が黄色、若しくは青いものがおり、瀬良垣では写真のように黄色系が多い。丹念に探さないと見付らない。

コンペイトウウミウシ

konpeitou-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁など
<観察水深>
-10m~-30m
<観察時期>
11月~7月
<観察ポイント>
ミニドリ・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
壁面などに張り付いている。潮がある程度当る場所がお好みのようだ。