印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



沖縄、恩納村、瀬良垣のある小さなとしたダイビングショップ
少人数でツァーや講習など 体験ダイビングは午前一組、午後一組開催

HOME > seaslug ta

<恩納・瀬良垣での生息環境>
<観察水深>
<観察時期>
<観察ポイント>
<私的雑観>

●恩納村水域全般を対象とするが、特に瀬良垣水域をメインとして潜水している。
●2015年11月から更に調査品目を加え、旧暦などの要素も加える。
●私的雑感を更に増やす。
●和名→〇種〇は前述図鑑より抜粋
●和名→〇(数字)は当著者の区分け。幼態たCVなどの私的雑感による。閲覧者が確認し易い。

た段-7個体

daiana-umiushi.jpg

●ダイアナウウミウシ
●タイヘイヨウイロウミウシ1
●タイヘイヨウイロウミウシ2
●タスジミドリガイ
●タツナミガイ
●タテスジイボウミウシ
●タヌキイロウミウシ

ち段-5個体

chigirefushieragai1.jpg

●チギレフシエラガイ1
●チギレフシエラガイ2
●チゴミドリガイ
●チドリミドリガイ
●チャマダラミドリガイ

つ段-3個体

tsunoki-ibo-umiushi.jpg

●ツノキイボウミウシ
●ツノクロミドリガイ
●ツノゲミノウミウシ

て段-1個体

tenuunishiku-umiushi.jpg

●テヌウニシキウミウシ

と段-5個体

touaka-midorigai.jpg

●トウアカミドリガイ
●トウモンウミコチョウ
●トカラミドリガイ
●トルンナ・ダニエラエ
●トルンナ・プルプロペディス

恩納/瀬良垣で同定したウミウシ・た行

ダイアナウミウシ

daiana-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、壁面など
<観察水深>
-5m~-30m
<観察時期>
通年
<観察ポイント>
恩納ポイントから瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
忘れて頃に出会うタイプ。地味ですが意外とキレイなウミウシです。

タイヘイヨウイロウミウシ1

taiheiyouiro-umiushi1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
恩納・瀬良垣では縁の幅広い黄色の色彩を持つものは少数。ペイル・フォームの方が多いと思われる。

タイヘイヨウイロウミウシ2

taiheiyouiro-umiushi2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
岩礁域全般
<私的雑観>
恩納・瀬良垣では縁の幅広い黄色の色彩を持つものは少数。ペイル・フォームの方が多いと思われる。

タスジミドリガイ

tasuji-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
サンゴ礁、ガレ場、内湾的浅所など
<観察水深>
-2m~-10m
<観察時期>
1月~6月
<観察ポイント>
オーバーヘッド・瀬良垣タッチュー・ナカユクイ・クロスラインなど
<私的雑観>
恩納・瀬良垣のものは触角先端が赤色い事が多数。

タツナミガイ

tatsunamigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
礁原
<観察水深>
-1m~-5m
<観察時期>
2月~7月
<観察ポイント>
ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
大潮の上げで砂中から出てくる。紫汁線を持つので刺激が加わると液体を出す

タテスジイボウミウシ

tatesuji-ibo-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
2月~8月
<観察ポイント>
ミニドリ・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
ウォール壁面で観察できる。数は多くはないが丹念に探せば見つかる。

タヌキイロウミウシ

tanukiiro-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-15m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリなど
<私的雑観>
毎年オーベーヘッドでは多く観察される。比較的大型。

チギレフシエラガイ1

chigirefushieragai1.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域の溝など
<観察水深>
-1m~-15m
<観察時期>
通年であるが春先に多い
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
入梅~夏にかけて、雨が降った後に多く観察できる。

チギレフシエラガイ2

chigirefushieragai2.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域の溝など
<観察水深>
-1m~-15m
<観察時期>
通年であるが春先に多い
<観察ポイント>
ほぼ全域
<私的雑観>
入梅~夏にかけて、雨が降った後に多く観察できる。コチラの写真の個体も多く観察できるが、あまり大型のものは見られない。

チゴミドリガイ

chigo-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
礁原や岩礁域の浅所
<観察水深>
-1m~-5m
<観察時期>
3月頃~7月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ・ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
瀬良垣ではアカフチミドリガイよりも個体数が少ないようである。触角の先端が同定ポイント。

チドリミドリガイ

chidori-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
内湾的浅所であり、礁原
<観察水深>
-1m~-5m
<観察時期>
11月~8月頃まで
<観察ポイント>
瀬良垣インリーフ・ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
多くの個体は体表面へ砂を付着させている。集まっている箇所には『いや~っ』という程いたりする。

チャマダラミドリガイ

chamadara-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
ガレ場の浅所や礁原
<観察水深>
-8mまで
<観察時期>
12月~6月頃
<観察ポイント>
ドリームホール・瀬良垣アウトリーフ・瀬良垣タッチュー・ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
風景に溶け込んでいる類なので識別は難しいが、慣れると意外と発見できる。個体数は少なくない。山吹色から赤色等の細点がポイント。

ツノキイボウミウシ

tsunoki-ibo-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-8m~-15m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
岩礁域全域
<私的雑観>
壁面に多い。個体数は少なくない。背面地色は白色から灰色の個体が殆ど。

ツノクロミドリガイ

tsunokuro-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
サンゴ礁域など
<観察水深>
-3m~-8m
<観察時期>
ほぼ通年
<観察ポイント>
ナカユクイ・クロスライン、ともに浅所
<私的雑観>
藻類の中に埋没するようにいる。探す気持ちにならないと、外からはなかなか見つけられない。

ツノゲミノウミウシ

tsunoge-mino-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
サンゴ礁、浅所
<観察水深>
-3m~-10m
<観察時期>
4月~6月
<観察ポイント>
ナカユクイ浅所
<私的雑観>
2006年4月25日に観察の後、2011年5月7日に同じ場所で観察。以降観察記録無し。稀種。

テヌウニシキウミウシ

tenuunishiku-umiushi.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、ガレ場など
<観察水深>
-10m~-25m
<観察時期>
3月~7月
<観察ポイント>
ミニドリ・恋人岬など
<私的雑観>
大深度にいる方が大きな個体。めったに観察できない。

トウアカミドリガイ

touaka-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、サンゴ礁浅所
<観察水深>
-2m~-10m
<観察時期>
1月~7月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ・トシポイント・ナカユクイ・ダイヤモンドビーチなど
<私的雑観>
頭部の色彩が特徴的。10mm程度のサイズが多い。

トウモンウミコチョウ

toumon-umikochou.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、浅所
<観察水深>
-1m~-5m
<観察時期>
3月~8月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
写真の個体は8mm。稀種。

トカラミドリガイ

tokara-midorigai.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-3m~-10m
<観察時期>
3月~9月
<観察ポイント>
ミニドリ・瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
写真の個体は10mm。色彩変異は多い。

トルンナ・ダニエラエ

torunna-danierae.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域、浅所
<観察水深>
-5m~-10m
<観察時期>
1月~10月
<観察ポイント>
オーバーヘッドロック・ミニドリ・瀬良垣アウトリーフ
<私的雑観>
岩礁域浅所の水路、砂上などを移動。遠めでもすぐに認識できる。個体数は結構多い。

トルンナ・プルプロペディス

torunna-purupuropedhis.jpg<恩納・瀬良垣での生息環境>
岩礁域など
<観察水深>
-5m~-25m
<観察時期>
3月~7月
<観察ポイント>
瀬良垣アウトリーフなど
<私的雑観>
浅所での観察例が多い。岩上での目撃など。