印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



沖縄、恩納村、瀬良垣のある小さなとしたダイビングショップ
少人数でツァーや講習など 体験ダイビングは午前一組、午後一組開催

HOME > fun

バックドロップ沖縄へようこそ!
こちらでは少人数でしっかり、ゆっくり、そして安全にファンを楽しんで頂けるよう考えながら活動しております。ファンで最も気を使う部分として、”どんなダイビングがしたい!?”という事。
マクロなのか、ハゼなのか、ウミウシなのか、はたまた地形なのか・・・。
事前にお教え頂ければご希望が叶うスタイルでガイディングを心掛けます。
又、ゆっくりダイビングがしたい!とか、穴の中へ行きたい!や、熱帯魚が見たいのだ!などなど
シチュエーションを想定したダイビングも大歓迎です。
皆さんの『したい!!』ダイビングをお教え下さい!
一緒にダイビングを楽しみましょう!

マクロガイディングとは・・・
ミドルレンジで移動し、とにかく”小物であるが、かわいく、キレイ”な生物
そして”面白い”生物を主にガイドする

マクロの魅力・・・それを一文で表現するならば、『海に入る事ができるのであれば、いつ何時でも楽しむ事ができる』、これがマクロダイビングだ。
多少海が荒れていても、透明度が悪くても、極論であるが、『水溜り』でも楽しく過ごせるスタイルである。
”あぁ・・・面白かったねぇ・・・”とお客様に言わしめたい。この気持ちで毎日ガイドをしている。
しかし近年目が悪くなりつつあり(老眼)、見つけた対象物から一度目を離すと再度みつけるのが困難。皆さんのお助けもお願いしたい・・・・。

ハゼガイディングとは・・・
とにかくハゼを狙い、ハゼを愛で、そして熱くハゼを語る
海の中あらゆる場所に愛すべきハゼはいる

ダイバーになってはじめて”ハゼ”の素晴らしさに気付いた方も多いと思う。特に”レアモノ”と呼ばれるハゼ軍は何回観ても心躍る。その魚体の美しさはまさに海の宝石と言っても過言ではないだろう。しかし、他の魚もそうであるが、特にハゼ類は”アプローチ”というテクニックが必要となる。これが出来ると更にハゼへ近づく事ができ、更にじっくり愛でる事ができる。その為には生態なども知っておくべきであろう。そしてもう一つ大事なのが”観る目”である。絵画を鑑賞するように、ハゼを鑑賞する場合にもこれが必要。こういった事を含め、毎回の潜水に目標を定め、ガイドをしている。

ウミウシガイディングとは・・・・・
ベストシーズンではフィン無しで水中を歩く歩く
ウミウシの全てをお見せします

食わず嫌いなダイバーが多いウミウシダイビング。しかし一度はまると底が知れない世界へ入る。数を見るも良し、じっくり観察するも良し、生態を眺めるも良い。動きの面白さや肉帯の美しさ、色の妖艶さは水中生物の中でも1、2位を争う。特に年末あたり~6月一週まではウミウシシーズン。世界的にも有名なここ瀬良垣でウミウシのガイドができる喜びを貴方にも届けたい!

熱帯魚ガイディングとは・・・
沖縄の魚達は本当にカラフルで鮮やか!
水中ライトを使い、本当の魚の美しさをお伝えします!

水中世界は皆さんのご承知の通り、陸上世界とはだいぶん常識が異なります。その中でも”色彩”は顕著な例でしょう。青一色の世界!・・・と思いきやそこには極彩色の世界が広がります。
しかしながらそのまま見たまんまでは青、青、青・・・・・
そこで水中ライトの登場となります。特にLEDライトで照らせば生物本来の色彩を観察する事ができます。色のファンタジーに是非触れてみて下さい!

地形・群れ・大物ガイディングとは・・・
自然が作り上げた壮大で幻想的な水中景観を愛でる。
群れや大物がいる当たりをつける・・・博打性も楽しんでもらいたい

水中景観は、ダイビングをやってはじめて目にできるプレゼント。壮大、荘厳などの言葉がピッタリであり、まさに息を呑む感覚。
例えば旅館などの部屋へ通され、窓からの絶景を眺める・・・『わぁ・・・キレイ・・・』。しかしながら大体5分も眺めないだろう・・・人にもよるが・・・。水中では是非とも壮大荘厳な景色を堪能頂きたい。見る場所や角度などを特に念入りにガイドします。
又、群れや大物は何の前置きも無く出てくる。景色ばかりに気を取られず、よくガイドも見て欲しい・・・大物などが出現した場合、ガイドも興奮するのだから・・・

アラカルトガイディングとは・・・
ダイビングをする事は自然世界を探検する事に等しい
出くわすもの全てに対し楽しく興味深く接する

『一生の内、同じ海に接することはできない』・・・これはダイビングを表した素晴らしい言葉です。同じポイントに入ったとしても潮や天気、温度、生物、自然などなど、全く同じ海には接することはできない。という事は全てのダイビングがはじめての経験になるという事。新しい生物との出会いや地形に当たる太陽の光と陰影など、その時に出会える全ての事柄を楽しんで頂きたい。こういった観点でのガイドを楽しんで頂きたい。

マニア専門とは・・・
自分の世界に埋没し、好きなシチュエーションに入り込む
有る意味その人にとって最上のダイビングであろう・・・・・

例えば、『一箇所にずっといたい・・・』、『転石下の海ケムシを眺めていたい・・・』、『潮間帯だけでいい・・・』、『ウミシダ・ラブ』、『魚に付いてる寄生虫を探したい・・・』、『海中のロッククライミングがしたい・・・』、『水中洞窟で過ごしたい・・・』、『水族館の水槽を眺めるように、水中で過ごしたい・・・』などなど・・・
枚挙に遑がないとはこの事。人の数だけ潜水マニア道があり、マニア道の本数だけマニ専ダイバーがいるという事。ある意味ダイバーすべからくマニ専であろう。『キレイなお魚が見たいっ!』も、そういったくくりではマニアではなかろうか・・・・。
しかしながらなかなかマニ専でダイビングが出来ないここ沖縄で、バックドロップ沖縄ではお心おきなくマニ専ダイビングをガイド致します。但し、安全第一!
是非マニ専の方も、そして今からマニ専になる方も、そして、『私はマニ専じゃぁないっ!』という貴方も、是非、お越し下さいね・・・・・待ってます、マニアで。

ファンメニュー及びレンタル 潜水時間 料金(税込)
●1ボートファン 約40~50分 9,200円
●2ボートファン 約40~50分x2
12,500円
●3ボートファン 約40~50分x3
18,200円
●4ボートファン 約40~50分x4
23,800円
●ナイトファン 約40~50分
10,500円
●器材フルレンタル
※レギュ・BCD・スーツ・ブーツ・マスク・フィン

3,600円
●器材レンタル/レギュ・BCD・スーツなど1点につき
2,000円
●器材レンタル/マスク・フィン・ブーツなど1点につき
1,000円
※9時・11時・13時半・14時半にそれぞれ出港となります。
※各1時間前の集合。
※ナイトは季節により集合時間が異なります。
※連日潜水の場合、器材レンタル費は二日目以降無料。